ネズミ 駆除 自分で!超音波・自作の罠・グッズ等でネズミ撃退!

ネズミがいると気が付いた

 

初めてネズミがいると気が付いた時は秋から冬に向かう11月中旬頃でした。家の1階や2階の天井で「ガサガサ」「ゴトゴト」と物音がします。その物音は夜になると一段と激しくなり、大変気になってゆっくりと寝ていることもできません。あまりうるさいので箒の柄の先で天井をつついてみました。物音は止みましたがしばらくすると再び音が続いている状況でした。

 

\早く確実にネズミを追い出す方法/

 

 

ネズミの種類はよくわかりませんが、天井の物音から推測すると普通サイズのネズミと思われます。たぶん、家の回りが畑や田んぼとなっているので、そこから家の中に入ってきたものでないでしょうか。3匹から5匹位(もっといたかもしれません。)はいるようです。捕獲したネズミを見ると「家ネズミ」のようでした。物音からの推測のとおり普通サイズのネズミです。

 

 

我が家のネズミの棲み処

 

最初は1階、2階の天井で物音が聞こえるようになりました。特に夜間や人が部屋にいない時は物音がひどくなりました。そのうちに居間の押入の奥、最後にはついに台所でも「ガサガサ」と物音が響き渡るようになってきました。ひどい時は台所をネズミが走る回る始末です。家中がネズミだらけとなる最悪の状況となりました。

 

ネズミの習性を調べてみました

 

ネズミは警戒心が強いうえ賢くずるがしこい動物です。一例をあげますと、ネズミの駆除を試みて粘着式の捕獲器を使い、一匹のネズミを捕獲しました。しかし、二度と同じような捕獲器では捕獲できませんでした。また、天井など同じ場所に仕掛けても結果は先程と同様でした。

 

ネズミは学習能力が高く、仲間が捕獲器や薬剤などで駆除され、苦しんでいる様子を見て記憶しているような感じです。活動は夜間になると活発になってきますが、人気がないと昼間でも結構活動しています。家の中への進入は気候が寒くなってからの11月頃からが顕著になります。屋外が寒くなり、外の餌も枯渇してくるため、暖かい室内へ進入してくるものと思われます。4月以降の暖かくなるにつれ、屋外に出てしまうようです。

 

ネズミの糞の掃除の仕方

 

ネズミが出没することによる害は、家の中での物音の他に衛生面で最も害となる「糞害」です。ネズミは出没と同時にありとあらゆるところに糞をまき散らします。押入などで物音が始まり出し、押入の中を調べてみると糞だらけになっています。ネズミの糞は衛生上問題があるため、掃除機での掃除はお勧めできません。糞を見つけた時は箒などで糞を集め、袋に収納し、その後は、洗剤などを使って「拭き掃除」をし消毒しました。

 

ねずみの糞を掃除する時の注意点とは

 

ねずみの糞を掃除

 

ねずみの糞を掃除する時の注意点は、糞そのものが害であるため、その取扱いには注意が必要です。ネズミの糞は病原菌を有しており、見つけたら速やかに掃除することが肝要です。子供が手で触ったり、誤飲をする場合もあり、それだけではなく、衣服に付着して、それが口に入ることもあります。掃除機は使用せず、糞を袋に収納した後は洗剤を使って清掃し消毒をしておく方が良いです。

 

いずれにしても、素手で触ったりせず、きれいに掃除をするなど衛生面に配慮することが必要です。

 

ネズミは悪者なの?

 

ネズミの害による被害は一般住宅だけでなく、店舗や工場などでも多く発生しています。かつては、「野鼠一斉駆除」として、自治体や町会などが薬剤により駆除を実施してきました。

 

しかし、近年は薬剤による薬害が問題視されこの方式による駆除が行われなくなってきました。そのためか、ネズミの発生が多くなってきました。ネズミは多くの病原菌を媒介するため、一番問題となることはネズミの糞や尿など衛生上の面であります。さらに、ネズミがいることにより快適な生活を送ることができません。害獣を住居の中に入れることはできないのです。

 

ネズミの進入路を塞いでみました

 

ネズミは狭くてわずかなすき間からでも進入してきます。まずは、家の周りを点検してすき間がないか確認しました。私の家の台所は裏口と通じるドアがあります。ドアのすき間にトタンを切って貼り付けました。また、台所の排水管のすき間も板で覆いました。さらに、塞いだそれぞれの箇所や家の周りのネズミが進入しそうな場所には薬剤を散布しました。
後は、進入の状況を確認するために何回も点検をしました。

 

ネズミの駆除にあたって試したことをいくつか記載します。

 

粘着式の捕獲器

ネズミのいそうな天井や台所に粘着式の捕獲器をいくつか設置しました。最初の頃は数匹を捕獲することができました。しかし、何回かするうちに捕獲器で捕まえることはできなくなりました。ネズミが危険を察知したためと思われます。
また、捕獲器は場所を占有し、ほこりがたまるなどするうえ、何枚も設置しなくてはなりません。

 

超音波機器

ネズミ駆除の超音波機器を台所や居間などに一つずつ設置しました。
粘着式の捕獲器に比べ、きれいな駆除方法ですが、機器を数か所に設置するとよいです。

 

すき間を塞ぐ

台所や家の周りなどのネズミの進入してきそうなすき間を塞ぎました。
ネズミの進入防止には効果があります。定期的に塞いだ箇所を点検することが
大切です。なお、塞いだ箇所周辺には薬剤を散布するとより進入を防ぐことがで
きます。

 

アロマオイルによる「匂い」

アロマオイルによる「匂い」です。部屋の中で、アロマオイルをオイルランプで焚き、その「匂い」を漂わせました。ネズミはアロマオイルの「匂い」を嫌うようです。
オイルを焚くことによりネズミの物音がなくなりました。ネズミはオイルの「匂い」を嫌うものと思われます。特に、柑橘系や「匂い」の強いものは効果があります。

 

以上の四つを組み合わせることにより複合的に駆除を実施しましたが、最も大切な
ことは、台所などに食べ物を放置しないことです。食べ物は袋やパックに入れ冷蔵庫などに収納することを徹底しました。

 

これらを複合的に使用することがネズミ駆除において有効であると思われます。
一つの方法だけにたより駆除することは難しいです。

 

これからネズミ駆除をする人にアドバイス

 

ネズミの出没は快適な生活を送る上で大変困った問題です。一刻も早くあの物音や糞害等を解決しなくてはなりません。そこで、経験上、効果的な駆除の方法をお伝えします。
駆除の方法は自力駆除と業者による駆除の二つの方法があります。業者による駆除は確かな部分もありますが、費用の面を考えるとまずは自力駆除を行ってみたらいかがでしょうか。

 

最初、ネズミ駆除を行う前に家の周りを点検し、ネズミの進入路を探して塞ぐことです。

 

そして、家の中(特に台所)に食べ物を放置せず、冷蔵庫等に収納することです。ネズミ駆除の方法は、粘着式捕獲器、薬剤、超音波機器などが一般的です。

 

一つの方法ではなかなかネズミ駆除の効果があがらないため、いろいろな方法を合わせてみることも重要です。

 

自力駆除を行っても効果があがらない場合は業者に相談してみてください。一度ネズミが進入すると駆除は大変ですが、あきらめることなく根気よく行ってください。まずは、家の周りや家の中を清潔にすることも大切であると思います。

 

ネズミの駆除はプロである業者に頼る方法もある

 

>ネズミの駆除は業者に

 

ネズミの駆除については、駆除のプロである業者に任せた方が効率的です。

 

一つ目は、費用の面で検討が必要です。安価であれば良いのですが、得てしてこの種の業者は値段が高いような気がします。また、信頼のできる業者であるかどうかです。

 

二つ目は、ネズミ駆除の場合、家の中に業者が入るため家の中をきれいにするなど煩わしさがあります。しかし、自力でのネズミ駆除には限界があると考えますので、どうしようもなくなった場合は業者に依頼することも考えましょう。
相見積を取って、サービス内容と料金の比較をするのがおススメです。

 

 

 

ネズミ駆除に超音波機器を使ってみて思ったこと

 

超音波機器の使用については、設置する場所や設置する数がポイントになります。
超音波機器につなぐ電源の問題もありますが、ネズミの音がする近くにおくこと、また、一部屋に2個位は設置した方が良いです。

 

ただ、超音波機器だけではなく、他の駆除方法と合わせて複合的に使用する方が良いと思います。

 

\ネズミを追い出す/